きたぐらし通信

きたぐらし通信は、北海道旭川市に住むデザイナーmeiが,北海道の魅力や日々の暮らし、アートやデザインについて書いていく不定期ブログです。 書いて欲しい場所、内容などリクエストありましたらメッセージにてご連絡ください!

ポートフォリオサイトはこちら

離乳食を終えて思うこと

娘のことを絵日記として色々書き留めておこうと思うにも、なかなか書く時間が取れないうちにどんどんと成長していってしまう毎日です。

イヤイヤも落ち着いて、ご飯も上手に食べられるようになり、日々の暮らしが随分と楽になったような気がします。

そのおかげで家の中がスッキリ綺麗に保たれている。嬉しい!

 

離乳食を終えて思うこと

そんな躍起になって食べさせなくてよかったな〜と今になって思います。

 

本当に食べない時期があったんです。

あれこれ気を紛らわしながらなんとかスプーン1杯でも食べてほしくて

毎晩食事と掃除に時間を取られていました。

娘のためと思って、出汁からとって薄味でも美味しくなるよう作った料理が

ひと口も食べずぐちゃぐちゃに巻きちらかされる悲しみよ。

 

でも、あんなに食べなかったのにすくすく育っているし

今はパクパク食べてるし

そんなに気に病むことなかったんだなと思いました。

 

でもその時は本当に、なんで食べないのか理由がわからなかったから余計に不安だった。

ただ食べたくないだけならいいけど、どこか具合が悪いんじゃないか?とか。

今は食べたくないだろうけど、寝る前になってお腹ペコペコなことにようやく気づいて

手がつけられなくなるくらい大騒ぎするんじゃないか、とか。

 

でも、大丈夫でした。すくすく育ってます。
食べなくても大丈夫。育ちますよ。世の悩めるお母さんたち。

 

離乳食も頑張って生後半年から始めたけど

もっと遅くてもいいし、毎日3食じゃなくて全然いいと思う。

生活のリズムをつけるため…って言うけど、食事の手間と精神的負担が半端ないので。乳飲んでるなら飲ませとけ〜。

それもこれも、特に大きな問題がなく育ってくれたから言えることだけど。
初めてだと、何が原因で未来の子供に影響を与えるかわからないから
色々不安になっちゃってた。

色んな食材を色んな料理法で食べさせて、好き嫌いなく育つように、アレルギーなく育つように…と日々頑張っていましたが、母の努力むなしく、食べない娘。

今となってはそれもいい思い出だけど…
今後二人目ができたとしても、もうそこまでやらない自信ある。笑

 

周りの子の話聞くと、小学生近くの子どもでも全然ご飯食べなくて悩んでるお母さんとか、結構いる。

そう思うと、3食決まった時間に食べてる私は本当に食べたい時に食べてるだろうか?と思った。

惰性と習慣で食べてる時もあるよな〜…と。

食べたい時に食べたらいいんだわ。

 

f:id:mei082:20191026132441j:plain

カレー食べて悶絶。

 

娘が主人公の絵本を作ってみた

 

旭川広告デザイン協議会改め、旭川クリエイターズクラブの展示会があるので

前々から作りたいと思っていた、娘が主人公の絵本を描きました。

いろんな好きな作品のオマージュを散りばめて、楽しい雰囲気の絵本になりました。

 

f:id:mei082:20191105163653j:plain

久しぶりにハードカバーつくった。

 

f:id:mei082:20191105163732j:plain

 

マユリさんがおつかいをしに、行って帰ってくる話です。

「マッドマックス 怒りのデスロード」が元ネタですが

マッドマックスも、要約すると行って帰ってくる話なので

マユリマックスです。

 

 

治安は悪くないけど世紀末感漂う景色を描きました。たぶん。

 

お気に入りのシーンをいくつかピックアップ。↓

 

 

f:id:mei082:20191105164742p:plain

どんな僻地やねん。ってところにあるお家から出発。



f:id:mei082:20191105164844p:plain

いろんな生き物に助けられながらスーパーへ向かう

 

基本的に娘は乗り物が好きなので、

動物に乗ってみたり、飛行機や電車に乗ってみたり、させました。

 

f:id:mei082:20191105164909p:plain

かの有名なゴロゴロにゃーんと鳴く飛行機

 

 大好きな長新太先生の飛行機を描きたいがために猫を登場させました。

ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集)

ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集)

 

 

 

f:id:mei082:20191105164938p:plain

雨の日の列車の静けさ

長新太先生や荒井良二先生の作品全体に感じる

広大な空気や果てしない大地の雰囲気が好きで、

特に荒井良二先生の「旅(じゃあにい)」感が大好きで、意識して描きました。

荒井良二先生はバスが好きでよく作品にも出てくるのですが

私は電車の方が好きなので、電車で旅させてみました。

 

バスにのって

バスにのって

 

 

 

f:id:mei082:20191105165014p:plain

オリジナリティあふれるスーパーの陳列

おかいもの大好きな娘と、

これは何かな?これを買うんだっけ?とお話できるように

いろいろ並べてみました。

 

f:id:mei082:20191105165042p:plain

終盤はなぜか娘がおばけになっちゃいます

最後は娘がお化けになっちゃって、空を飛んでお家に帰るのですが

「お化けになっちゃった」といえば有名な絵本がありますね↓

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

 

要約すると、ママが交通事故で死んじゃったあとの息子とのお話です。

こちらの作品は賛否両論ある絵本で「子供に読ませるべきじゃない」という意見もあります。

私もその意見に賛成です。

この絵本の主人公は母親で、つまり母親のための絵本だからです。母親が自分で楽しむのはいいと思います。絵も温かみがあって可愛いし、親しみやすいです。

私は反論として「お化けになるなら子どもだろう!」と思ってこのシーンを描きました。

 お化けという存在は子供にとって、怖いけど愉快なものであって欲しいです。

 

f:id:mei082:20191105165113p:plain

無事おうちに帰ってきて就寝。

 大好きな絵本の一つに「かいじゅうたちのいるところ」があります。

この絵本が子供にとって、世界で一番最高の絵本だと思っています。

何故かというと、子ども一人で完結する冒険の物語だからです。

 

主人公のマックスが自分の部屋で生み出した妄想の世界を冒険し

世界の王様になったところで、急に寂しくなっちゃって、

最後には自分の力で帰ってきて、お母さんが用意してくれたあったかいご飯を見て、

ホッとした表情でフードを脱ぎ、かいじゅうから人間に戻り

現実に帰ってくるという結末です。

 

大人の監視の無い世界でたくさん冒険して、そして自分でお家に帰ってきて、安心して床につく。

という流れは小さい子向けの物語として最高の流れだと思っています。

 

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

 

 

こんな感じで自分の趣味全開な絵本になりました。

 

最近娘は寝る前に絵本を最低5冊は読まないと気が済まないので、

これ1冊で満足してもらえたらいいんだけど笑

 

 

明日から開催されるacc展にて展示していますので

お近くの方はぜひ遊びに来てください。

asahikawa-creators.club

 

旭川クリエイターズクラブ
名前が変わりまし展

とき:
2019年11月6日(水)〜11月17日(日)
11:00〜17:00(最終日は15:00まで)
ところ:
デザインギャラリー
旭川市宮下通11丁目 蔵囲夢(大雪地ビール館 裏)

入場無料

チーズき花「hi cheese!!」パッケージ担当しました。

f:id:mei082:20191022152908j:plain

旭川のお菓子屋さん、壺屋総本店様の主力商品「き花」のプチサイズ

「き花 プティモ」の期間限定商品のパッケージを担当しました。

 

「低糖質のき花を作る」という新たなチャレンジとのことで

パッケージも従来のき花のイメージに捉われず作成しました。

 

f:id:mei082:20191022153438j:plain

チーズのイラストをどーんと大きく。

クラフト紙の風合いを生かしたイラストメインのビジュアルで、

き花ファンには勿論、今までき花を手に取らなかった方にも届けばいいなと願って作成しました。

 来年の3月まで販売するので、子年にかけて、ネズミのコックさんを描きました。

 

f:id:mei082:20191022153622j:plain

小包装は目を引くオレンジ色。小分けに切ったチーズのイラストを載せて。

 

元々き花のメイン素材であるアーモンドの風味を生かした、

低糖質でも美味しく1枚でも満足感のあるお菓子になっています!

f:id:mei082:20191022153726j:plain

食べ終わった後のお楽しみとして、底面に4コマ漫画も!



11月から順次、壺屋全店で販売になります。

空港でも販売予定ですので、お土産にぜひ♪

 

- - - - - - - - - -

2019.10

Art direction & Design & Illustration :Mei Yamada

賃貸の狭いキッチンだけど食洗機買ってみたよ

ずーーっと欲しいと思っていたけど手を出せなかった、ヤツにとうとう頼る日が来ました。

 

ようこそ、食洗機!!

 

 

とにかく水仕事が嫌い

料理や掃除は割と好きなんですが、

兎に角、洗濯と皿洗いが大大大嫌いです。

洗濯に関しては涙が出るくらい嫌いです。

なんでだろう?自分でも不思議ですが…

 

で、いつかは乾燥機付き洗濯機と、食洗機を買う!と思ってましたが

なんせ広くない賃貸マンションなので、ドラム式を置けるスペースが無く、

でも食洗機ならなんとか…と思い、満を持して購入を決めました!

 

買ったのはこれ↓

パナソニックのプチ食洗機は種類がありますが、

これは1番シンプルな洗浄のみのタイプ。

乾燥機能付きの商品のレビューを見ると、高温で洗浄するから乾燥機能使わなくてもすぐ皿が乾くと書いてあったので、節電にもなるしいいかなと思ってこちらにしました。


実際に設置してみたら…

 

設置は自分でもできそうだったけど

初めてなので念の為業者さんに頼みました。

(ヨドバシで買ったらオプションで選択できた)

 

f:id:mei082:20190916112000j:image

どーん

 

でか…

 

ほんとはもうちょっと後ろに下げたかったんだけど、

食洗機を水栓に設置するための分岐水栓

の向きが変えられないらしく…f:id:mei082:20190916112003j:image

これが邪魔で後方にスペースが必要で、結果かなり前に出てしまいました…。


f:id:mei082:20190916112006j:image

どーーーん。

 

そこ調理スペースなんだけど…。

 

幸い、キッチンの向かいにカウンターがあるので、暫くはそこを調理スペースとすることにしました。

 

使ってみた感想

家のど真ん中に関取が現れたような存在感のある洗浄機。

容量は夫婦2人+子1人ならなんとか1回で収まるくらいの量でした。

作動音は結構でかい。

洗濯機みたいな音だね。

ジャバジャバという水の音は嫌いじゃないので、私はそんなに苦じゃない。けど気になる人は気になるかも。

1時間くらいかけて丁寧に洗ってくれます。

洗い終わるとピーピー!とデカい音でお知らせしてくれます。

開けるとホカホカの湯気と共に、綺麗になった食器たちが…

 

最高ーー!!!

 

買ってよかったです。

 

食洗機用の洗剤って、普通の食器用洗剤より強い洗浄力があるらしい

(人の手に触れる心配が無いので)

ので、お皿の配置を間違えない限りは問題なく汚れを落としてくれます。

なによりシンクが常に空っぽなのがストレスフリー。

 

 

分岐水栓の向きによって置けるスペースが変わってしまって、想定外の置き方になっちゃった以外は満足です。

かなり存在感ありますが仲良くやっていこうと思います。

ありがとう食洗機!

久しぶりの朱鞠内湖畔キャンプ

今年初キャンプ!

イベントで来てた壮玄さんを連れて、6月の末に行ってきました。

平日ということもあり、サイト内は空いてた。

第2サイトの、湖を見渡せる小高い位置に陣取り。

湖のすぐ近くまで車乗り入れできるのがありがたいよね。

 

f:id:mei082:20190712103748j:image

 

ドローン飛ばす。

近くで飛ばすところ初めて見たけど、結構音するのね。


f:id:mei082:20190712103735j:image

可愛い。

 


f:id:mei082:20190712103822j:image

娘は砂遊びに夢中。

ちなみにこの子は人生初キャンプ。

夜大丈夫かな?と心配していたけど問題なくぐっすりでした。



f:id:mei082:20190712103754j:image

japacheeseさんのチェダーチーズ炙るよ!!

 

f:id:mei082:20190712103729j:image

優勝っ!!!!

 


f:id:mei082:20190712103817j:image

ホタテ焼くよっ!

壮玄さん、尋常でない量のバターを投入するw

燃え盛るホタテ。

ちなみにじゃがバター作るときは、バターをアホのように入れると

めちゃくちゃ甘くて美味しくなるということをこの時知りました。

悪魔の食べ物。。。



f:id:mei082:20190712103744j:image

天気良い。星見られそうでワクワク。


f:id:mei082:20190712103725j:image

ドローンお兄さん。


f:id:mei082:20190712103741j:image

 


f:id:mei082:20190712103820j:image

ふもとにいる人たちのキャンプ姿が

また絵になる。


f:id:mei082:20190712103723j:image

星見えました。

この辺りから、おじさん二人がカメラ持ってはしゃぎ出す。

「おーい磯野!星撮ろうぜ!」

 

その成果↓


f:id:mei082:20190712103814j:image



f:id:mei082:20190712103757j:image

天の川まで見えるっ!

綺麗。

かなり楽しかったご様子。

 

 

そしてカラスに起こされた3時半頃。

寝こける男性たちの代わりにカメラ持ってテントを出る。


f:id:mei082:20190712103732j:image

 

マジックアワー見れました。

ああこの色。。。最高です。

 

f:id:mei082:20190712103751j:image

「霧の中のハリネズミ」の世界。

 

 

f:id:mei082:20190712103810j:image

しばらく寝て、まだ靄かかってる時間にもう一枚。

鳥の声だけが聞こえる朝。

 

星撮る設定のままシャッター切っちゃったので

画質荒いのが残念…。笑

 


f:id:mei082:20190712103800j:image

7時すぎるともう靄はすっかり晴れました。

 



f:id:mei082:20190712103739j:image

今回も天気に恵まれた、良いキャンプでありました。

次は第3サイトに行ってみようかなぁ。

焚き火セット買おうと思ったらすでに管理棟が閉まっていたので

次回は早めに買いに行こう。

 

f:id:mei082:20190712103803j:image

帰りは疲れた両親の代わりに運転してくれました。(うそ)

 

写真:夫(カギカッコ カメラ部 (@cagicaccoCAMERA) | Twitter)