読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きたぐらし通信

きたぐらし通信は、北海道旭川市に住むデザイナーmeiが,北海道の魅力や日々の暮らし、アートやデザインについて書いていく不定期ブログです。 書いて欲しい場所、内容などリクエストありましたらメッセージにてご連絡ください!

ポートフォリオサイトはこちら

てづくり結婚式のつくりかた《1.会場準備編》

3月はじめ、結婚式をしました。

 

f:id:mei082:20170304150600j:plain

写真協力:辻田美穂子

 

式場やホテルの結婚式いろいろ調べました。

ゼクシィとか、みんなのウェディングとか

でもそういう、ゴリゴリに「結婚式はかくあるべし!」みたいな感じのもの、

キラキラした式場、華やかなドレス、コース料理、スペシャルな演出

どれ見てもいまいちトキメキが湧かなかったんですよね。

 

なんか、結婚式ってバブリ~~なイメージが強くって。

その傍ら、結婚キャンプみたいな、

自分たちが楽しいと思えるものを作ってる人たちもいて。

どっちかというとそういう「自分たちで作る」ことにときめいてたんです。

自分たちの思い出の場所やテーマをもとに企画する「コンセプトウェディング」も近年増えていますね。

 

私たちは、会場から料理、演出まで

全部自分たちでプロデュースすることにしました。

いちから自分たちで考えるのは大変だけど、結果とても楽しい式ができました。

楽しくて、もう一回やってもいいかな~って思うくらいw

 

でも次やるなら、

他の人の結婚式のお手伝いがしたいな~と思いました。

式場のプランに満足できない

もっと自分たちらしい式がしたい!

でも誰に頼めば良いかわかんない!

そういう人少なくないと思うんです。

 

自分たちの式が誰かの役に立てばいいなということで

式までのアレコレを記録していきます!

 

 - - - - - - - - - - - - - - 

・準備期間:4ヶ月

・費用:ぜーんぶひっくるめて100万くらい

・場所:北海道札幌(駅近のビル)

・重視:アットホームな空間

・テーマ:星空

・楽しかったこと:会場準備のための小道具作り、打ち合わせ

・大変だったこと:会場決め&招待

 - - - - - - - - - - - - - - 

 

てづくり結婚式のつくりかた《1.会場準備編》←このページ

てづくり結婚式のつくりかた《2.必要なもの&スケジュール編》

てづくり結婚式のつくりかた《3.費用編》

3つに分けて、それぞれ書けるところまで詳しく書いていきます。

 

f:id:mei082:20170304155231p:plain

続きを読む

「なんで旭川ってこんなに寒いんだ!?」から旭川の魅力について考える

 

あけましておめでとうございます!

 

 旭川についての記事を書いて2年くらい経ちましたが、いまだにちょこちょこコメントをもらったりします。そういうときには「ブログってすごいなぁ~」としみじみ嬉しくなります。

去年結婚しまして、子供もできて、特別なことが無い限りしばらくは旭川人として生きていくことになりそうです。

というわけで久しぶりに旭川について考えてみました。

 

 

疑問の発端

なんで北国専門のファッションサイトがないんだろ?!

あさひかわ新聞の同年代の記者、がっきーが紙面で嘆いていた。
「雪国に合った服が手に入らない!」

あったかい素材の服が欲しいのに、ファッションビルでは本州と同じ素材の服しか売ってなくて寒い。そんなの着れない。むり。

10代はなかなか高いコートなんて買えないからファストファッションがメインになったりするけども、薄着の人多くて心配になる。

私も高校生時代は雑貨屋で買ったペラッペラのジャケット1枚で過ごしてガチガチ凍えてて、周りの人に心配されたりしてた。(厚着って概念もなかった…)

これだけ着るものに悩んでいる人がいるのに、なんで北国専門の情報ってこんなに少ないんだろう?そもそも需要が無いのか??利用者が少ないからなのか???と思って、他の地域を調べてみることにした。

 

 

続きを読む

おみくじで今年の振り返り&今年買ってよかったものベスト3

今年も1年、大変お世話になりました。

 

2016年はじめに書いた記事見て、
今年も色々あったな〜と振り返り。
目標は、達成できたこともあれば、全然手つけられなかったこともあり…
これをもとに来年の目標も出来そーです。


正月にひいたおみくじで、今年の振り返り。

https://www.instagram.com/p/BOo_0UQgUEK/ 

続きを読む

アラサー女ハロオタが選んだカラオケで歌いたいモーニング娘。10選

前回の記事で読者ぽちぽち増えたので、音楽ネタもういっちょ。

 

 

ハロプロは良いですよ。

はまって気づいたら1年以上たってました(^^)あれ…?

 

有名人にハロプロ好きが多かったり、

ももち引退がニュースになったり、

道重さゆみ復活が決定したり…

ハロプロ、なんとなく気になる。

でも全盛期のモーニング娘。くらいしかわからない!

という方も多いと思うので、

カラオケで歌いやすい、というキャッチーなテーマで

おすすめ曲を挙げていきたいと思います!

 

 

1.シャボン玉(JOYSOUND MVあり)


6期(道重、田中、亀井、藤本)デビューシングル。
巻き舌全開で歌うと気持ちよいです。
上級者はアンジュルムひなフェスver.(間奏の台詞が関西弁)も挑戦してみましょ↓ 個人的には関西弁ver.すごい好き。
https://youtu.be/kN8yf5xD7ck?t=1m49s

 

2.SEXY BOY〜そよ風に寄り添って〜JOYSOUND MVあり)


可憐な衣装にこの曲調っていうミスマッチがハロプロっぽくて良い。
それ以外にも突っ込みたいところいっぱいありすぎるんですが。
ハロプロは突っ込んでたらキリがないので。
とにかく盛り上がる曲です!かなり中毒性高め。

 

3.気まぐれプリンセスJOYSOUND MVあり)


ホットな1曲。
振り付けがユニークですが覚えやすいのでマネすると楽しいです。
アラサーが共感できる歌詞満載。

続きを読む

同じロックバンドを10年以上一途に追いかけ続けて思う、幸せにしてくれるバンドの選び方

 

f:id:mei082:20161128165045j:plain

 

バンドの追っかけは楽しい。
仕事や恋愛がうまくいかなくても、
好きなバンドやバンドマンが活き活き活動しているだけで幸せになれる。

しかし誤ったバンドの選び方をすると、
コンセプトのブレ、メンバーの人間関係、脱退や解散騒動などにより
逆に自分を不幸せにする存在にもなりかねない。

出来ることならバンドは小さい頃から見守り続け、
健やかにすくすくと育つバンドと共に成長していけることが
バンギャルにとって幸せな人生だろう。
好きになるバンドは慎重に選ぶことをオススメする。


ちなみにわたしの熱中度

・新譜が出たら必ずチェックして購入。
(熱心な頃は初回A、初回B、通常とあれば全部買ってた)
・ライブは地元にツアーに来たとき行くくらい
・年に1、2回は遠征
・メディアは出来るだけチェックする
・個人ファンサイト運営(今は閉鎖)

 

地方住みなのでそんなにライブの参戦数は多くない。

その代わり一つ一つのライブをすごく大事に思えるし、
間隔を空けてライブを見ることでバンドの成長が見えやすい。
それはそれで幸せなことだと思う。

 

推すバンドがなかなか決まらない人、
今のバンドをこのまま追っかけていて良いのか…と悩んでいる人に
参考になれば幸いである。

 

※追記:ネタです

純粋な音楽ファンの皆様、真に受けないでください。

 

続きを読む