読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きたぐらし通信

きたぐらし通信は、北海道旭川市に住むデザイナーmeiが,北海道の魅力や日々の暮らし、アートやデザインについて書いていく不定期ブログです。 書いて欲しい場所、内容などリクエストありましたらメッセージにてご連絡ください!

ポートフォリオサイトはこちら

デザインの○○コンペ&アワードに対してやる気が出ない理由

デザイン 絵のこと 地域のこと

f:id:mei082:20160424121124j:plain

北海道もようやっと暖かくなってきました。

 

札幌のコミュニティ

クリエイティブ業界(って言い方あんま好きじゃ無いけど)はいくつかの団体があって、そこに所属していると業界同士コミュニケーションが取れたり外部にも認知してもらえたり、色々なメリットがあります。

札幌には札幌アートディレクターズクラブ(SADC)があって、デザイナーにとっては恵まれた環境だと思います。
ADCでは地方でのコンペティション&公開審査会というものがあります。学生とか業界の人でも割と知らない人多いんですが、とても勉強になるので是非審査会の様子だけでも見て欲しいな〜と思います。

www.sapporo-adc.com

↑去年の審査会の様子。
東京や他地方から有名なデザイナーさんが審査員として来てくれるので、ファンの人には堪らないイベントです。2015年のエントリー数は669作品、シリーズ物でまとめられているものもあるので、出品数になるとトータルで2,000点近くなります。全てじっくり見るだけで1日が終わります。ボランティアスタッフとして毎年100人以上の学生が積極的に参加していることも、札幌ADCの自慢のひとつです。

基本的に仕事として世に出たものを対象としていますが、自主制作作品も多く出品されており自由度の高いコンペティションです。

にもかかわらず、やる気が出ないなんて言ったら関係者に怒られそうな気がしますが、私はいつも出品に気後れしてしまいます何故なのか

 

 イラストレーター、兼デザイナーという人

 ボスにもはっきり伝えているので正直に書いちゃいますが、
私はイラストを仕事にしたい!ていう思いからデザイナーという職業につきました。
デザインを主としたコンペに気後れしてしまうのはこの意識の違いだと思います。

レベルの高いデザインの数々…国内外で活躍するAD様方々…。
そんな人たちに憧れて、寝ても覚めてもデザインのことばかり考えている新鋭デザイナーたち…。
札幌のデザインは全国の中でも、かなりレベルが高いと言われています。
そんなメラメラと燃えさかる炎の中に飛び込むこともできず、
一個入選すればラッキーだ!
て気持ちでお布施のごとくちまちまと出品料を払っている次第です。

でもそういう人、他にもたくさんいると思うんですよね…。
イラスト描きたくてデザイナーになった人。
デザインだって勿論、毎日必死に頑張ってるけど…でも、ちょっと違うんだよー!

 

札幌コピーライターズクラブ

もひとつ紹介する、札幌コピーライターズクラブ(SCC)はコピーの公開審査会があります。広告物に限定で自主制作は出品不可なところもメリハリがあって良いです。

f:id:mei082:20150411134409j:plain

SCCは新人や学生にやさしいです。ワークショップや懇談会を頻繁に開いています。
コミュニティを広げて札幌のコピーライターを育てようという気持ちが伝わって来ます。
私はコピー書かないけど、審査会もイベントも参加させてもらっています。誰でもウエルカムな雰囲気で、アウェー感がなくて良いんです。

正直に言って、SCCの空気が羨ましい。札幌のコピーライターが羨ましい!!

 

なんで地方のイラストコンペはないの?

それでふと思ったんですが、
なんでイラストレーターの公開審査会はないんだろう??
ちょっと考えただけでも、メリットしか思いつかないんですが。

流通したものや広告物に限定した商業イラストレーションのコンペ。
絶対楽しいし、そのためなら死ぬ気で頑張って仕事つくるし評価して欲しいと思う。
だらける自分に喝入れれるかもしれない。
他の人の作品見て激しく嫉妬して死ぬかもしれない。

私が求めているのは、地方のイラストレーターのコンペティションなんです!!


長くなるので続きはまた今度。