読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きたぐらし通信

きたぐらし通信は、北海道旭川市に住むデザイナーmeiが,北海道の魅力や日々の暮らし、アートやデザインについて書いていく不定期ブログです。 書いて欲しい場所、内容などリクエストありましたらメッセージにてご連絡ください!

ポートフォリオサイトはこちら

北海道の動物たちの暮らしを見る映画「生きとし生けるもの」先行上映に行ってきた

久しぶりに風邪引きました。どこから湧いてくるのかわからないくらい鼻水が出ます。こんなの小学生ぶり…。箱ティッシュ机に常備してたな。


とてもいい映画に出会えたので、感想レポします。

https://www.instagram.com/p/BGiZ8UBtdP2/

 

土曜日にイオンシネマで行われた、今津さん監督の「生きとし生けるもの」先行上映会に行ってきました。
今津さんとは、昨年の秋にシアターキノの中島洋さんをゲストにお呼びして一緒にトークイベントをさせていただきました。
とにかく映画と映画館が大好きで、旭川にいてくれてありがとうございます!とお礼したくなるくらい実力のあるお方。
その頃は予告編が公開され始めた時期で、全編を見られる日をとても楽しみにしていました。

 


北海道の四季のなか力強く生きる動物たち

話の内容は、最初と最後だけナレーションが入りますがあとはずっと動物の姿と音楽のみの構成でした。
動物の解説などは一切なく、実際そこにいて観察しているような気分になります。
ゆるやかにストーリー性のある構成で、物語を感じることができました。
撮影期間は、なんと5年間!貴重な映像がたくさん見られて大満足です。

遠い国の景色を見ているかのように美しい、地元の風景

びっくりしたのは景色の美しさ。
鳥が広ーい空を一斉に飛んでいくシーンやキツネが広い草原を走り回るシーン、山や川のある風景、を見ていると、あまりに綺麗で普段の生活とかけ離れたもので、遠い国の映像を見ているような気分になりました。でも途中で「これ、全部地元の風景なんだよな…」と我に返り、不思議な気分になりました。

 

動物ってこんなに動くものなのかと思う

動物の生態をテーマにした映像作品はたくさんありますが私はそういうテーマの作品見るのは今回が初めてでした。
当たり前なんだけど、動物ってこんな動くんだ?!って驚く……笑
普段見かける動物って、道路のわきっちょにぼーっと座ってるキツネとか、じーっとこっち見てるシカとか、あとカラスとか、そんなものなので。

モモンガが空ビュンビュン飛んでたり、ウサギがめっちゃくちゃ足速かったり、エゾシカが体埋まるくらいの雪の中ザクザク前に進んでいく姿とか、そばにいる動物たちなのに、見たことない姿ばかりで、なんだか不思議。
仲のいい友達の知らなかった一面を見たような気分。笑 ちょっとショックですよ。
知った気でいて、全然知らなかった。

f:id:mei082:20160612122557p:plain↑予告動画より、8万羽のマガンの飛び立ちをスケッチするあべ弘士さん。

 

いかに自分が他の生物と距離をとって生きているかを感じる

映像を見てて思うのが、動物とカメラとの距離が、近い!
明らかに望遠カメラの映像じゃないものとか、どこまで近づいてるんだ?!って心配になるレベルでした。

監督兼カメラマンの今津さん曰く、動物たちの距離の取り方があって、動物が「そこにいてもいい」と許してくれる距離まで近づいて撮影するんだそうです。隠れて撮るんじゃなくて、お互い存在を認識した上で撮るというから、驚きです…。

ヒグマの映像とか、かなり近かったですから…。自分の存在知らさないと逆に危ない、と言われても…熊に気づかれた時点で怖くてチビる。
こんなの撮れるの、今津さんくらいなのでは…と思わされる映像。

あともうひとつ驚いたのが、他の種類の動物同士が同じ画面に収まっていること。当たり前なんでしょうけど、怖くないんだな、同じ環境でみんな生きているんだな〜と。
動物園見たく、一匹一匹檻で分けられてるわけじゃないんですよね。

むしろ、自分は檻越しにしか動物の命に触れていないんだな…と寂しいような、申し訳ないような気持ちになりました。同じ北海道で生きているのに。

 

サケはいいぞ

個人的に一番良かったのは、サケの映像。
ちょうどサケのお話を書きたくて、生態について調べていたところだったので、
お宝映像満載でヨダレでました。ありがとうございます!
海辺で死にかけているサケが、力を振り絞って波に乗って川へ向かっていくシーンは、これだけで映画1本撮れそうだな!?ってくらいドラマチックでした。その後ヒグマと戦いながら川で産卵しホッチャレになっていく姿も壮絶。
やはり北海道の自然の恵みと言えば、サケですから。

他にも、きっと使われていないけどたくさんの感動するシーンがあったんだろうなと思いました。
キツネのシーンもね、思うことたくさんあって、あー、あ〜〜…ってなったんだけど、きっと皆同じこと感じるだろうから、書かない。笑

北海道住んでいる人全員に見てほしい!

道民以外ももちろんですけど。
普段暮らしている場所のすぐとなりのような距離で、こんなに生き生きと、自分たちのペースで、生きている動物たちがいるんだということに気づかせてもらえたのは、とても大きな収穫でした。
北海道住んでる人が見たらとても面白いと思います。
トークショーでもおっしゃってたんですが、子供たちがこの映像に触れたら、きっとこの先の生き方や考え方、変わると思う!

これから映像追加や編集を続けられ、今秋には公開予定だそうです。
たくさんの映画館で上映されることを願っています!

 

映画「生きとし生けるもの」公式ページ

www.1dream.jp