読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きたぐらし通信

きたぐらし通信は、北海道旭川市に住むデザイナーmeiが,北海道の魅力や日々の暮らし、アートやデザインについて書いていく不定期ブログです。 書いて欲しい場所、内容などリクエストありましたらメッセージにてご連絡ください!

ポートフォリオサイトはこちら

iPad Proでイラストを描こう!Procreateブラシ描き分け

 

仕事でもプライベートでもすっかりベタベタ、ベッタリお付き合いさせて頂いてる

iPad Proさん。

中でもProcreateというアプリには購入当時から大変お世話になってます!

 

Procreate

Procreate

  • Savage Interactive Pty Ltd
  • エンターテインメント
  • ¥720

 

先週からマンガにっきを描き始めたのですが

いかにシンプルで手間かけずに可愛く描けるか!を目指して

いろいろブラシをいじってたので

これからProcreate使う方、参考になればと思いまとめてみました。

 

f:id:mei082:20161024194310j:plain

 

 

絵のタッチの候補はだいたいこんなかんじ。

 私の代わりになるマンガの主人公はヤギとオオカミです。

ヤギとオオカミです。

(ヤギなのに指描いてた…蹄だよね。しくったしくった)

(突っ込みどころは色々あるけどかんべんしてください)

 

タッチ別にブラシの紹介をしていきます。

イラストの下に手書きで書いてるものがブラシ名です。

f:id:mei082:20161024173751j:plain

色々試してみて、うーんどれも微妙に使い勝手悪い!と思い新規でブラシつくったやつ。

今はこれをメインに使って描いてます。

Procreateのいいところは、Photoshop並みにブラシのカスタムが出来るところ!

f:id:mei082:20161024193411j:plain

まずは参照データを決めます。

シェイプソースとグレインソースをそれぞれ選択します。

シェイプソース=ブラシのテクスチャ

グレインソース=描画時の背景テクスチャ

です。

たくさん参照元データがアプリ内に用意されているので

いろいろ試してみると楽しいですよ。

f:id:mei082:20161024193355j:plain

ペン先の柔らかさやテクスチャのサイズ、不透明度なども細かく調整していきます。

ここらへんの調節は描きながら自分なりに気持ちのよい描き味を

手探りで探すのがいちばん手っ取り早いです。(ざっくりしすぎ)

 

今回は鉛筆と筆の中間のような描き味にしてみました。

強弱つけやすく面白い線が引けるので気に入ってます。

 

f:id:mei082:20161024173803j:plain

次によく使うのが鉛筆(6B)です。これはデフォルトのままでも使える。

かなり本物の鉛筆に近い描き味です。

ベタ塗るには大変なのと、サイズ拡大するとボケ気味になるので

他のブラシと組み合わせて使うと良いです。水彩とか。

 

f:id:mei082:20161024173812j:plain

製図ペンは強弱が無くミリペンで描いたような線になります。 

そのままだと、描き続けているうちにかすれたりするので

ちょこっとカスタムすると使いやすくなります。

文字入れで重宝してます。

 

f:id:mei082:20161024173822j:plain

私は綺麗な直線引くのが苦手なので…

製図ペンで輪郭とって、べた塗りのち消しゴムでガツガツ削って描いてます。彫刻のように描いていきます。

Procreateはadobeでいうペンツール的なものが無いので、正確な直線や曲線描くのはけっこう時間がかかります。あまりお勧めしないタッチ。たのしいけど

 

f:id:mei082:20161024173832j:plain

 カリグラフィペンはデフォルトで十分楽しめます。

マッキーの太い方で描いたような線が引けます。

平坦な描き心地なので、イラスト描くときにはけっこー頭使います。

かわいいけどあんまり冒険できない。良い使い方知ってたら教えてください。

f:id:mei082:20161024173843j:plain

 ブラシ紹介じゃないけど。ちょっとやってみたかったの。

布川愛子さん好きです。

ファッションがテーマの日記とか描く機会あれば、使わせてもらおうかな…ファンに怒られるかな…

 

f:id:mei082:20161024173854j:plain

これお気に入りのブラシです!描き込んでるように見えて

実は描くのも後から編集するのも簡単という優秀っぷり。

描き方くわしく知りたい方は、コメントかメッセージください!